撮影だけのカップル

これまでの結婚写真とは

結婚写真とは、近年、フォトウェディングとも言われています。少し前までは、結婚をするカップルのほとんどが、結婚式を挙げていたので、結婚写真と言えば、結婚式の当日に撮る写真のこと、または、前撮りをする写真のこと、という印象がありました。最近でも、このように結婚式の当日の写真や前撮り写真のことも、結婚写真と言いますが、明らかに、フォトウェディングの意味での使われ方のほうが多くなっています。ちなみに、近年、結婚するカップルの内、結婚式を挙げるのは、わずかに、4組に1組と言われています。ですから、結婚式を挙げずにフォトウェディングのみを行うというカップルが増えているのです。ちなみに、フォトウェディングとは、スタジオ撮影とロケーション撮影が選べるようになっています。

これからはどうなっていくのか

フォトウェディングという名の結婚写真の需要は、これからも増え続けていくでしょう。先程、結婚するカップルの4組に1組は、結婚式を挙げないとお話しましたが、さらに、同じように、結婚するカップルの4組に1組は授かり婚なのです。ですから、入籍、出産を控え、急いで何か記念に残ることを、と考えたときに、手軽に利用しやすいのも、フォトウェディングの魅力ではないでしょうか。ちなみに、フォトウェディングの場合、結婚式のように、何ヶ月も前から予約をしたり、打ち合わせをしたりということはなく、数日前、場所によっては、当日でもOKということがあります。金額は、5〜10万円が相場となっていて、結婚式のように、衣装を何着か着替えて写真を撮ります。